会報に掲載されている「手記」と、特集、コラム記事などの一覧です。

※表中の「事件概要 ①態様」の表記について
 歩行中→歩行中 / 自転車→自転車乗車中 / バイク→二輪車乗車中 / 自動車→自動車乗車中

全て表示手記手記(歩行中)手記(自転車)手記(バイク)手記(自動車)フォーラムの記事
号数
年月
手記の標題事件概要
①態様②被害者③発生年④場所⑤加害行為
特集・講演
講話・報告・コラム
講演者
64号
2021.8
「10歳の娘は青信号でひかれ 義足になりました。歩車分離信号など車を凶器とさせない社会を切望します」(p1)①歩行中 ②10歳(小4)大怪我 ③2019年 ④函館市⑤ 前方不注視
64号
2021.8
「達也! ママはもう泣かない あなたの死を無駄にしない」(p2)①自動車 ②0歳 ③1993年 ④函館市
64号
2021.8
報告「第11次交通安全基本計画の決定と今後の課題」(p8、9)
64号
2021.8
報告「自動配送ロボットの歩道走行に反対する意見書提出」(p10)
64号
2021.8
コラム「犯罪被害者支援弁護士制度の検討状況(続報)」(内藤裕次)(p9)
63号
2021.2
「被害から17年、23歳の隆輔は今も意識がありません」(p1)①歩行中 ②6歳(小1)遷延性意識障害 ③2003年 ④稚内市 ⑤前方不注視
63号
2021.2
「夫は無謀運転の加害者の犠牲になりました。真相究明と厳正な処罰を求めます」(p2)①バイク ②50歳、被害死 ③2020年 ④新十津川町 ⑤無謀追越し
63号
2021.2
「息子の無念を想う 命を奪ってなぜ執行猶予なのか」(p3)①歩行中 ②29歳、被害死 ③2020年 ④七飯町 ⑤前方不注視
63号
2021.2
コラム「加藤久道著『交通事故は本当に減っているのか?』の刊行を受けて」(前田 敏章)(p10)
62号
2020.8
「飲酒運転で失われた命」(p1)①歩行中 ②40歳、被害死 ③2018年 ④札幌市 ⑤飲酒運転、発覚免脱罪
62号
2020.8
「弟は一時停止無視の危険運転によって命を奪われました。生きていて欲しかったです」(p2)①自動車 ②40歳、被害死 ③2017年 ④帯広市 ⑤一時停止無視
62号
2020.8
「車にはねられ複雑骨折の重傷を負いました。反省のない加害者に怒りで一杯です」(p3)①歩行中 ②重傷 ③2019年 ④札幌市 ⑤前方不注意
62号
2020.8
コラム「道路交通法と自動車運転処罰法の改定について~あおり運転に関する犯罪規定」(内藤 裕次)(p9、10)
62号
2020.8
コラム「コロナ禍で世界は『非常事態宣言』、しかし交通死傷はいまだ『日常化された大虐殺』」(前田 敏章)(p11)
61号
2020.1
「二つの命」(p1)①歩行中 ②11歳(小6)双子、被害死 ③1994年 ④上磯町 ⑤暴走運転
61号
2020.1
講演「交通犯罪における被害者の尊厳を考える~基本法制定から15年の課題~」 (p5~9)諸澤 英道
(常磐大学元学長)
61号

2020.1
寄稿「ご遺族のとりくみと最高裁決定の意義~旭川、中島朱希さん被害事件報告」(青野渉)(p3)
60号
2019.8
「29年前10歳の娘は飲酒運転の車に殺されました。入会し飲酒運転根絶運動に参加させて頂きます」(p1)①歩行中 ②10歳(小5)被害死 ③1990年 ④小樽市 ⑤飲酒運転
60号
2019.8
「30年前、120キロの対向車に衝突され、同乗の妹を亡くし、私の人生も変えられました」(p2)①自動車 ②7歳(小2)被害死 ③1989年 ④札幌市 ⑤危険速度の追越し
59号
2019.4
「息子をひき逃げした加害者を赦さない」(p1)①歩行中 ②22歳、被害死 ③2017年 ④室蘭市 ⑤前方不注視、ひき逃げ
59号
2019.4
「重傷被害から6年 遷延性意識障害の息子のこと」(p3)①自転車 ②11歳(小5)遷延性意識障害 ③2012年 ④札幌市 ⑤前方不注視
59号
2019.4
コラム「犯罪被害者保護特化条例について」(内藤 裕次)(p8)
59号
2019.4
報告「2003年に始まった『いのちのパネル展』」(小野 茂)(p9)
59号
2019.4
報告「会発足から20年、“犠牲を無にしない”要望書の取り組み」(p11)
58号
2019.1
「夫は青信号で横断中、信号無視の“殺人車“に命を奪われました」(p1)①歩行中 ②65歳、被害死 ③2016年 ④札幌市 ⑤信号無視
58号
2019.1
特集「高齢者を被害者にも加害者にもさせないために」(p2~13)
58号
2019.1
講演「高齢者を加害者にしないために~認知症の初期症状を知り 運転を早めに辞めよう」(p 5~7)伊古田俊夫
(医師)
57号
2018.8
「罪の自覚無く 言い逃れに終始する加害者を許さない 飲酒暴走の危険運転に厳罰を」(p1)①自動車 ②38歳、被害死 ③2016年 ④旭川市 ⑤飲酒・暴走運転
57号
2018.8
「ひき逃げされ重度の後遺症を負った夫は 37年間苦しみました。交通犯罪の時効撤廃を願います」(p3)①歩行中 ②重度障害 ③1979年 ④真狩村 ⑤ひき逃げ
57号
2018.8
報告「国交省がバストラックの居眠り事故防止策~睡眠不足時は乗務禁止へ規則改定」(p10)
57号
2018.8
コラム「全国犯罪被害者の会(あすの会)の解散とその功績」(内藤裕次)(p12)
57号
2018.8
コラム「『あすの会』の理念と不退転の気概に学ぶ」(前田敏章)(p13)
56号
2018.4
寄稿「民法改正による中間利息控除の変更について」(青野 渉)(p6)
56号
2018.4
報告「北海道犯罪被害者等支援条例制定~今後の課題は全市町村での支援体制~」(p7)
56号
2018.4
コラム「日弁連第60回人権擁護大会シンポジウム参加報告」(内藤裕次)(p9)
56号
2018.4
報告「『刑事法ジャーナル』が危険運転罪の拡大の意義など特集」(前田敏章)(p10)
55号
2018.1
「母は自転車で走行中、前方不注視の車に衝突されて遷延性意識障害となり、今も入院中です」(p1)①自転車 ②65歳、遷延性意識障害 ③2015年 ④江別市 ⑤前方不注視
55号
2018.1
講演「現行の安全運転教育・管理の問題点と安全運転法の科学的な考え方・実行法」(p4〜9)松永勝也
(九州大学名誉教授)
54号
2017.8
「飲酒ひき逃げに厳罰を!遺された親の願い」(p1)①歩行中 ②27歳、被害死 ③2016年 ④小樽市 ⑤飲酒ひき逃げ
54号
2017.8
寄稿「交通犯罪に対する刑事罰の現状」(弁護士 青野 渉)(p8)
53号
2017.4
「母の無念を思う 何故執行猶予という寛刑なのか」(p1)①歩行中 ②78歳、被害死 ③2015年 ④札幌市 ⑤前方不注意
53号
2017.4
コラム「交通犯罪と損害賠償命令制度について~被害者支援制度の実際~」(真島勝彦)(p4)
53号
2017.4
コラム「自動ハイ・ロービーム切り替え装置の標準装備化を」(前田 敏章)(p10)
52号
2017.1
「息子は青信号の横断中に 前方不注視の右折車に轢かれ、遷延性意識障害となり、7年を経た今も入院中です」(p1)①歩行中 ②30歳、遷延性意識障害 ③2009年 ④江別市 ⑤前方不注視
52号
2017.1
「14年前、小学6年の娘は、青信号で横断中、右折トラックに轢かれ、全てを奪われました」(p3)①自転車 ②12歳(小6)、被害死 ③2002年 ④札幌市 ⑤前方不注意
52号
2017.1
「兄と姉は、青信号横断中に轢かれ非業の死。無念でなりません」(p4)①歩行中 ②77歳、被害死 ③2003年 ④札幌市 ⑤前方不注視
①歩行中 ②81歳、被害死 ③2013年 ④札幌市 ⑤前方不注視
52号
2017.1
講演「歩車分離信号の経緯と課題」(p 5~8)長谷智喜
(被害遺族)
51号
2016.8
「事故~生還~リハビリ~在宅」(p1)①バイク ②44歳、遷延性意識障害 ③2011年 ④札幌市 ⑤前方不注意
51号
2016.8
講話「悲嘆の理解とピア・サポートについて」(山田 裕子・スクールカウンセラー)(p9、10)
50号
2016.4
「危険運転の加害者に突然全てを奪われた息子の無念」(p1)①歩行中 ②33歳、被害死 ③2014年 ④八雲町 ⑤飲酒、睡眠導入剤
50号
2016.4
報告「第10次交通安全基本計画の決定と今後の課題」(前田敏章) (p7~9)
50号
2016.4
報告「本会設立(1999年)から今日までの被害者保護等関係法制の歩み」(内藤 裕次) (p10)
49号
2016.1
「44年前に被害 今も痛みと悔しさの毎日」(p1)①歩行中 ②17歳(高2)、重傷・重大後遺症 ③1971年 ④美唄市 ⑤飲酒運転
49号
2016.1
「母の無念を想う」(p3)①歩行中 ②83歳、被害死 ③2014年 ④札幌市 ⑤前方不注意
49号
2016.1
講演「飲酒運転根絶と交通死傷ゼロへの課題」(p5~9)小佐井 良太
(愛媛大教授)
48号
2015.8
「何の罪もない大事な娘が 何故 こんな目に」(p 1)①歩行中 ②29歳、被害死 ③2014年 ④小樽市銭函 ⑤飲酒運転
48号
2015.8
「裕子はかけがえのない天使だった」(p1)①歩行中 ②30歳、被害死 ③2014年 ④小樽市銭函 ⑤飲酒運転
48号
2015.8
「2度の手術、続くリハビリ、 心の傷いつ癒えるのか」(p3)①歩行中 ②29歳、重傷 ③2014年 ④小樽市銭函 ⑤飲酒運転
47号
2015.4
「加害者は、命の重さを見つめてほしい」(p1)①自動車 ②66歳、被害死 ③2013年 ④石狩市 ⑤無謀追越し
47号
2015.4
報告「最高検通達『犯罪被害者等の権利利益の尊重について」の要点と意義~刑訴法に関する意見交換会 最終報告~」(前田 敏章)(p8~11)
46号
2015.1
「生きていて欲しかった」(p1)①歩行中 ②29歳、被害死 ③2014年 ④小樽市銭函 ⑤飲酒運転
46号
2015.1
講演「ゼロへの課題と被害者の人権~道交通事故被害者の会の意義~」 (p5~12)島田尚武
(元道警本部長)
45号
2014.8
「ひき逃げの加害者を許さない。私の命はそんなに軽いの?と娘に言われます」(p1、2)①歩行中 ②23歳、被害死 ③2013年 ④札幌市 ⑤ひき逃げ
44号
2014.4
「“こども”だからわかること」(p1)①自転車 ②14歳(中3)、被害死 ③2003年 ④南幌町 ⑤暴走運転
44号
2014.4
報告「刑訴法(被害者参加制度)に関する意見交換会の報告2」(前田 敏章)(p5)
44号
2014.4
報告「新法『自動車運転死傷行為処罰法』施行について」(内藤 裕次)(p7)
43号
2014.1
「小学5年の息子は 交差点で車にはねられ、1年以上経った今も意識が戻りません」(p1)①自転車 ②11歳(小5)遷延性意識障害 ③2012年 ④札幌市 ⑤過失運転
43号
2014.1
講演「ワールドディの今日的意義~追悼から行動へ~」 (p6~11)小栗 幸夫
(千葉商大教授)
43号
2014.1
コラム「10年で60万人の署名提出 『逃げ得』解消の新法成立なる」(高石弘・洋子)(p5)
42号
2013.8
「亡き息子の名誉のために、真実の裁きを求め、闘います」(p1、2)①バイク ②21歳、被害死 ③2009年 ④札幌市 ⑤前方不注意の右折バス
42号
2013.8
寄稿「中間利息控除に関する民法改正問題について」(寄稿 弁護士 青野 渉)(p14)
41号
2013.4
「刑事裁判を終えて・・・母の人生を奪った加害者が憎い 」(p1)①自動車 ②53歳、被害死 ③2012年 ④旭川市 ⑤危険速度
41号
2013.4
「父は横断歩道ではねられ、お星様になりました」(p5)①歩行中 ②70歳、被害死 ③2012年 ④苫小牧 ⑤漫然走行
41号
2013.4
報告「刑訴法(被害者参加制度)に関する意見交換会の報告」(前田 敏章)(p8、9)
40号
2013.1
「父と兄を奪われました。こんな悲しみ、苦しみは私たちで終わりにして下さい」(p1)①バイク ②55歳・27歳、被害死 ③2010年 ④浜中町 ⑤無謀追越し
40号
2013.1
特集「交通死傷被害ゼロのための刑罰見直しを」(p 5~13)
39号
2012.8
「妻を奪った加害者へ」(p1)①歩行中 ②59歳、被害死 ③2010年 ④北広島市 ⑤漫然運転
39号
2012.8
コラム「任意保険と有利な情状」(内藤裕次)(p12)
38号
2012.4
「息子が生きていれば~被害者参加制度で裁判員裁判と損害賠償命令制度を闘う~」(p1)①自転車 ②23歳、被害死 ③2010年 ④札幌市 ⑤危険運転(信号無視)
38号
2012.4
講演「歩行者と自転車の道の革命 ~車道至上主義から道路交通文化の時代へ~」(下)(p 7~15)津田 美知子
(公共空間アナリスト)
37号
2012.1
「交通事故被害者の苦境」(p1)①自転車 ②重大後遺症 ③1991年 ④江別市 ⑤前方不注視
37号
2012.1
講演「歩行者と自転車の道の革命~車道至上主義から道路交通文化の時代へ~」(上) (p5~11)津田 美知子
(公共空間アナリスト)
36号
2011.8
「事故から13年、今も後遺症に苦しんでいます」(p1)①自動車 ②重大後遺症 ③1998年 ④小樽市 ⑤追突
36号
2011.8
講話「犯罪被害による悲哀を乗り越えるために~公正さの視点から~」(山田 裕子、スクールカウンセラー) (p4~6)
35号
2011.4
「姉を亡くして~加害の側は、忘れたい? 遺族の悲しみは、年々増すばかり・・・」(p1)①歩行中 ②46歳、被害死 ③2007年 ④森町 ⑤操作不適
35号
2011.4
講演「クルマ社会と子どもたち」(下) (p7~11)今井 博之
(小児科医・被害遺族)
35号
2011.4
コラム「交通犯罪被害者の保護制度(概観)」(内藤 裕次)(p3)
34号
2011.1
「おとうさんへ」(p1)①自動車 ②56歳、被害死 ③2002年 ④遠軽町 ⑤酒気帯び、危険速度
34号
2011.1
講演「クルマ社会と子どもたち」(上) (p7~11)今井 博之
(小児科医・被害遺族)
33号
2010.8
「社会貢献できなかった息子 残念でならない」(p1)①バイク ②19歳、被害死 ③1995年 ④深川市 ⑤前方不注視
32号
2010.4
「お姉ちゃんへ」(p1)①自動車 ②34歳、被害死 ③2001年 ④苫小牧市 ⑤無謀追越し
32号
2010.4
講演「交通運輸業界における規制緩和と安全問題(下)」 (p7~9)川村 雅則
(北海学園大准教授)
31号
2010.1
「たっちゃんへ」(p1、2)①歩行中 ②17歳、被害死 ③2005年 ④札幌市 ⑤前方不注視
31号
2010.1
講演「まちと生命(いのち)を守る『脱・スピード社会』を~北海道から世界へ、悲しみを希望に~」 (p6~11)小栗 幸夫
(千葉商大教授)
30号
2009.8
「博之への想い」(p1)①自動車 ②19歳、被害死 ③2003年 ④深川市 ⑤危険速度
29号
2009.4
「美紗の命が遺すもの」(p1)①自転車 ②14歳(中3)、被害死 ③2003年 ④南幌町 ⑤暴走運転
29号
2009.4
講演「交通運輸業界における規制緩和と安全問題(上)」 (p7~9)川村 雅則
(北海学園大准教授)
28号
2009.1
「交通死、遺された親の叫び」(p1)①歩行中 ②17歳(高2)、被害死 ③1995年 ④千歳市 ⑤前方不注視
28号
2009.1
コラム「刑事裁判への被害者参加制度について」(内藤 裕次)(p6)
28号
2009.1
寄稿「刑事裁判の記録開示の問題」(青野 渉)(p7)
27号
2008.8
「息子の受けた被害について」(p1)①歩行中 ②4歳、重傷 ③2007年 ④千歳市 ⑤漫然運転
27号
2008.8
講話「交通事犯被害者の心理的後遺症とケアについて」(佐藤由佳利、道教育大准教授) (p6~8)
26号
2008.4
「息子が教えてくれた駐車場の危険性」(p1)①自転車 ②7歳(小2)、被害死 ③1994年 ④札幌市 ⑤漫然運転
26号
2008.4
講演「被害者の尊厳と権利を護るために~基本法制定後の支援のあり方を考える~」(下) (p3~7)諸澤 英道
(常磐大学教授)
25号
2008.1
「伴侶との別れは 死の体験」(p1)①歩行中 ②68歳、被害死 ③1996年 ④札幌市 ⑤前方不注視(携帯使用)
25号
2008.1
講演「被害者の尊厳と権利を護るために~基本法制定後の支援のあり方を考える~」(上) (p4~7)諸澤 英道
(常磐大学教授)
24号
2007.8
「拓那へ 母からの手紙」(p1)①自転車 ②16歳(高1)、被害死 ③2003年 ④江別市 ⑤飲酒ひき逃げ
24号
2007.8
報告「被害者の声が社会を変える~厳罰化法相次ぎ成立、被害者参加制度も実現へ~」(p6)
23号
2007.4
「父の最期の言葉は・・・」(p1)①自動車 ②64歳・63歳、ご夫婦被害死 ③1998年 ④旭川市 ⑤一時停止無視
23号
2007.4
「真利子の命を奪われて」(p7)①自転車 ②20歳、被害死 ③2003年 ④岩見沢市 ⑤危険速度
22号
2007.1
「ボーボー(坊や)と呼ばれていた息子」(p1)①歩行中 ②11歳(小6)、被害死 ③1990年 ④札幌市 ⑤信号無視
22号
2007.1
特集「交通事故被害者の尊厳と権利を求めて」(p2~9)
21号
2006.8
「9か月の赤ちゃんは人ではないのですか」(p1)①自動車 ②胎児、被害死 ③2003年 ④札幌市 ⑤車線はみ出し
20号
2006.4
「隆輔は意識も戻らないまま小さな体で闘っています」(p1)①歩行中 ②6歳(小1)遷延性意識障害 ③2003年 ④稚内市 ⑤前方不注視
20号
2006.4
「危険運転の加害者に命の重みに見合う厳罰を」(p11)①歩行中 ②被害死 ③2005年 ④札幌市 ⑤前方不注視左折車
19号
2006.1
「妻の死を無駄にしない」(p1)①自転車 ②36歳、被害死 ③1998年 ④千葉県 ⑤前方不注意の右折トラック
19号
2006.1
特集「交通事故被害者の尊厳は守られているか~犯罪被害者等基本法とは~」(p2~6)
18号
2005.8
「武士は心の中に生きている」(p1)①自動車 ②22歳、被害死 ③2005年 ④江差町 ⑤前方不注意の右折車
18号
2005.8
講演「交通事故被害者の心理的後遺症(PTSD)とケア」 (p5~7)久保 義彦
(精神科医)
17号
2005.4
「母、F.Y.66歳」(p1)①自動車 ②66歳、被害死 ③2000年
17号
2005.4
国土交通大臣への手紙「親は生きてる限り死んだ子の年を数える」(p7)①歩行中 ②7歳(小1)、被害死 ③1963年 ④小樽市 ⑤二輪の無謀運転
17号
2005.4
報告「『死人に口なし』でなく、公正で科学的な捜査を~札幌高検、法務省、国交省に要請文~」(p2)
16号
2005.1
「追突 本当の痛みは1年半後に」(p1)①自動車 ②負傷 ③1997年 ④札幌市 ⑤前方不注視で追突
16号
2005.1
特集「高齢者を被害者にも加害者にもさせないために」 (p2~8)
16号
2005.1
コラム「犯罪被害者等基本法について」(内藤裕次)(p9)
15号
2004.8
「息子は無謀運転の犠牲に」(p1)①バイク ②26歳、被害死 ③1999年 ④札幌市 ⑤居眠り運転
15号
2004.8
「早期真相解明と厳罰を」(p5)①自転車 ②14歳(中3)、被害死 ③2003年 ④札幌市 ⑤漫然運転の左折トラック
15号
2004.8
「何故拓磨は死ななくてはならなかったのか」(p6)①自転車 ②14歳(中3)、被害死 ③2003年 ④札幌市 ⑤前方不注意
14号
2004.4
「真理子よ」(p1)①自動車 ②34歳、被害死 ③2001年 ④苫小牧市 ⑤無謀追越し
13号
2004.1
「前方不注意の車により 車椅子生活に」(p1)①自転車 ②重傷 ③1991年 ④江別市 ⑤危険速度
13号
2004.1
「刑事裁判を終えて」(p9)①自転車 ②13歳(中2)、被害死 ③2002年 ④札幌市 ⑤漫然運転
13号
2004.1
特集「歩行者と自転車の安全を考える」(p 3~7)
12号
2003.8
「太陽が沈んだ日」(p1)①自動車 ③2002年 ④夕張市 ⑤前方不注視で追突
12号
2003.8
「お母ちゃん ありがとう」(p7)①自転車 ②59歳、被害死 ③2002年 ④札幌市 ⑤飲酒、居眠り
12号
2003.8
講演「加害者天国ニッポン」
(p 3~6)
松本 誠
(弁護士)
11号
2003.4
「菜摘へ」(p1)①自転車 ②10歳(小5) ③1999年 ④札幌市 ⑤漫然運転
10号
2003.1
「笑顔が素敵な理恵へ」(p9)①自転車 ②17歳(高2)、被害死 ③1998年 ④札幌市 ⑤安全確認違反
10号
2003.1
特集「裁かれるのか、交通犯罪」 (p1~7)
09号
2002.8
講演「いのちの重さを伝えるために」 (p1~3)井上 保孝・郁美
(遺族)
09号
2002.8
講話「生命のメッセージ展に託す想い」(鈴木共子) (p6~7)
08号
2002.4
「あの日から」(p1)①歩行中 ②9歳(小4)、被害死 ③2001年 ④北広島市 ⑤わき見運転
08号
2002.4
講演「交通事故被害者の心とからだ(下)」 (p4~5)久保 義彦
(精神科医)
07号
2002.1
特集「事業用自動車の事故ゼロのために」 (p1~8)
07号
2002.1
講演「交通事故被害者の心とからだ(上)」 (p10~11)久保 義彦
(精神科医)
07号
2002.1
コラム「危険運転致死傷罪の新設について」(内藤 裕次)(p9)
06号
2001.8
講演「分離信号の必要性」(p1〜3)長谷 智喜
(遺族)
05号
2001.4
「ヒロへ」(p1)① ②19歳、被害死
04号
2001.1
「僕はたった7歳で逝きたくなかった」(p1)①歩行中 ②7歳(小1)、被害死 ③1997年 ④釧路市 ⑤前方不注意
04号
2001.1
コラム「悪質交通犯罪を厳罰に」(前田 敏章)(p2〜3)
03号
2000.8
「父を返して」(p1)①歩行中 ②76歳、被害死 ③1999年 ④札幌市 ⑤一時停止無視
03号
2000.8
講演「これでいいのか交通事故」(p6)柳原 三佳
(ジャーナリスト)
02号
2000.4
「地獄の日々 今も」(p1)①歩行中 ②重傷被害 ③1999年 ④幕別町
01号
1999.12
特集「交通事故被害者の会が発足」(p1〜3)
号数
年月
手記の標題事件概要
①態様②被害者③発生年④場所⑤加害行為
64号
2021.8
「10歳の娘は青信号でひかれ 義足になりました。歩車分離信号など車を凶器とさせない社会を切望します」(p1)①歩行中 ②10歳(小4)大怪我 ③2019年 ④函館市⑤ 前方不注視
64号
2021.8
「達也! ママはもう泣かない あなたの死を無駄にしない」(p2)①自動車 ②0歳 ③1993年 ④函館市
63号
2021.2
「被害から17年、23歳の隆輔は今も意識がありません」(p1)①歩行中 ②6歳(小1)遷延性意識障害 ③2003年 ④稚内市 ⑤前方不注視
63号
2021.2
「夫は無謀運転の加害者の犠牲になりました。真相究明と厳正な処罰を求めます」(p2)①バイク ②50歳、被害死 ③2020年 ④新十津川町 ⑤無謀追越し
63号
2021.2
「息子の無念を想う 命を奪ってなぜ執行猶予なのか」(p3)①歩行中 ②29歳、被害死 ③2020年 ④七飯町 ⑤前方不注視
62号
2020.8
「飲酒運転で失われた命」(p1)①歩行中 ②40歳、被害死 ③2018年 ④札幌市 ⑤飲酒運転、発覚免脱罪
62号
2020.8
「弟は一時停止無視の危険運転によって命を奪われました。生きていて欲しかったです」(p2)①自動車 ②40歳、被害死 ③2017年 ④帯広市 ⑤一時停止無視
62号
2020.8
「車にはねられ複雑骨折の重傷を負いました。反省のない加害者に怒りで一杯です」(p3)①歩行中 ②重傷 ③2019年 ④札幌市 ⑤前方不注意
61号
2020.1
「二つの命」(p1)①歩行中 ②11歳(小6)双子、被害死 ③1994年 ④上磯町 ⑤暴走運転
60号
2019.8
「29年前10歳の娘は飲酒運転の車に殺されました。入会し飲酒運転根絶運動に参加させて頂きます」(p1)①歩行中 ②10歳(小5)被害死 ③1990年 ④小樽市 ⑤飲酒運転
60号
2019.8
「30年前、120キロの対向車に衝突され、同乗の妹を亡くし、私の人生も変えられました」(p2)①自動車 ②7歳(小2)被害死 ③1989年 ④札幌市 ⑤危険速度の追越し
59号
2019.4
「息子をひき逃げした加害者を赦さない」(p1)①歩行中 ②22歳、被害死 ③2017年 ④室蘭市 ⑤前方不注視、ひき逃げ
59号
2019.4
「重傷被害から6年 遷延性意識障害の息子のこと」(p3)①自転車 ②11歳(小5)遷延性意識障害 ③2012年 ④札幌市 ⑤前方不注視
58号
2019.1
「夫は青信号で横断中、信号無視の“殺人車“に命を奪われました」(p1)①歩行中 ②65歳、被害死 ③2016年 ④札幌市 ⑤信号無視
57号
2018.8
「罪の自覚無く 言い逃れに終始する加害者を許さない 飲酒暴走の危険運転に厳罰を」(p1)①自動車 ②38歳、被害死 ③2016年 ④旭川市 ⑤飲酒・暴走運転
57号
2018.8
「ひき逃げされ重度の後遺症を負った夫は 37年間苦しみました。交通犯罪の時効撤廃を願います」(p3)①歩行中 ②重度障害 ③1979年 ④真狩村 ⑤ひき逃げ
55号
2018.1
「母は自転車で走行中、前方不注視の車に衝突されて遷延性意識障害となり、今も入院中です」(p1)①自転車 ②65歳、遷延性意識障害 ③2015年 ④江別市 ⑤前方不注視
54号
2017.8
「飲酒ひき逃げに厳罰を!遺された親の願い」(p1)①歩行中 ②27歳、被害死 ③2016年 ④小樽市 ⑤飲酒ひき逃げ
53号
2017.4
「母の無念を思う 何故執行猶予という寛刑なのか」(p1)①歩行中 ②78歳、被害死 ③2015年 ④札幌市 ⑤前方不注意
52号
2017.1
「息子は青信号の横断中に 前方不注視の右折車に轢かれ、遷延性意識障害となり、7年を経た今も入院中です」(p1)①歩行中 ②30歳、遷延性意識障害 ③2009年 ④江別市 ⑤前方不注視
52号
2017.1
「14年前、小学6年の娘は、青信号で横断中、右折トラックに轢かれ、全てを奪われました」(p3)①自転車 ②12歳(小6)、被害死 ③2002年 ④札幌市 ⑤前方不注意
52号
2017.1
「兄と姉は、青信号横断中に轢かれ非業の死。無念でなりません」(p4)①歩行中 ②77歳、被害死 ③2003年 ④札幌市 ⑤前方不注視
①歩行中 ②81歳、被害死 ③2013年 ④札幌市 ⑤前方不注視
51号
2016.8
「事故~生還~リハビリ~在宅」(p1)①バイク ②44歳、遷延性意識障害 ③2011年 ④札幌市 ⑤前方不注意
50号
2016.4
「危険運転の加害者に突然全てを奪われた息子の無念」(p1)①歩行中 ②33歳、被害死 ③2014年 ④八雲町 ⑤飲酒、睡眠導入剤
49号
2016.1
「44年前に被害 今も痛みと悔しさの毎日」(p1)①歩行中 ②17歳(高2)、重傷・重大後遺症 ③1971年 ④美唄市 ⑤飲酒運転
49号
2016.1
「母の無念を想う」(p3)①歩行中 ②83歳、被害死 ③2014年 ④札幌市 ⑤前方不注意
48号
2015.8
「何の罪もない大事な娘が 何故 こんな目に」(p 1)①歩行中 ②29歳、被害死 ③2014年 ④小樽市銭函 ⑤飲酒運転
48号
2015.8
「裕子はかけがえのない天使だった」(p1)①歩行中 ②30歳、被害死 ③2014年 ④小樽市銭函 ⑤飲酒運転
48号
2015.8
「2度の手術、続くリハビリ、 心の傷いつ癒えるのか」(p3)①歩行中 ②29歳、重傷 ③2014年 ④小樽市銭函 ⑤飲酒運転
47号
2015.4
「加害者は、命の重さを見つめてほしい」(p1)①自動車 ②66歳、被害死 ③2013年 ④石狩市 ⑤無謀追越し
46号
2015.1
「生きていて欲しかった」(p1)①歩行中 ②29歳、被害死 ③2014年 ④小樽市銭函 ⑤飲酒運転
45号
2014.8
「ひき逃げの加害者を許さない。私の命はそんなに軽いの?と娘に言われます」(p1、2)①歩行中 ②23歳、被害死 ③2013年 ④札幌市 ⑤ひき逃げ
44号
2014.4
「“こども”だからわかること」(p1)①自転車 ②14歳(中3)、被害死 ③2003年 ④南幌町 ⑤暴走運転
43号
2014.1
「小学5年の息子は 交差点で車にはねられ、1年以上経った今も意識が戻りません」(p1)①自転車 ②11歳(小5)遷延性意識障害 ③2012年 ④札幌市 ⑤過失運転
42号
2013.8
「亡き息子の名誉のために、真実の裁きを求め、闘います」(p1、2)①バイク ②21歳、被害死 ③2009年 ④札幌市 ⑤前方不注意の右折バス
41号
2013.4
「刑事裁判を終えて・・・母の人生を奪った加害者が憎い 」(p1)①自動車 ②53歳、被害死 ③2012年 ④旭川市 ⑤危険速度
41号
2013.4
「父は横断歩道ではねられ、お星様になりました」(p5)①歩行中 ②70歳、被害死 ③2012年 ④苫小牧 ⑤漫然走行
40号
2013.1
「父と兄を奪われました。こんな悲しみ、苦しみは私たちで終わりにして下さい」(p1)①バイク ②55歳・27歳、被害死 ③2010年 ④浜中町 ⑤無謀追越し
39号
2012.8
「妻を奪った加害者へ」(p1)①歩行中 ②59歳、被害死 ③2010年 ④北広島市 ⑤漫然運転
38号
2012.4
「息子が生きていれば~被害者参加制度で裁判員裁判と損害賠償命令制度を闘う~」(p1)①自転車 ②23歳、被害死 ③2010年 ④札幌市 ⑤危険運転(信号無視)
37号
2012.1
「交通事故被害者の苦境」(p1)①自転車 ②重大後遺症 ③1991年 ④江別市 ⑤前方不注視
36号
2011.8
「事故から13年、今も後遺症に苦しんでいます」(p1)①自動車 ②重大後遺症 ③1998年 ④小樽市 ⑤追突
35号
2011.4
「姉を亡くして~加害の側は、忘れたい? 遺族の悲しみは、年々増すばかり・・・」(p1)①歩行中 ②46歳、被害死 ③2007年 ④森町 ⑤操作不適
34号
2011.1
「おとうさんへ」(p1)①自動車 ②56歳、被害死 ③2002年 ④遠軽町 ⑤酒気帯び、危険速度
33号
2010.8
「社会貢献できなかった息子 残念でならない」(p1)①バイク ②19歳、被害死 ③1995年 ④深川市 ⑤前方不注視
32号
2010.4
「お姉ちゃんへ」(p1)①自動車 ②34歳、被害死 ③2001年 ④苫小牧市 ⑤無謀追越し
31号
2010.1
「たっちゃんへ」(p1、2)①歩行中 ②17歳、被害死 ③2005年 ④札幌市 ⑤前方不注視
30号
2009.8
「博之への想い」(p1)①自動車 ②19歳、被害死 ③2003年 ④深川市 ⑤危険速度
29号
2009.4
「美紗の命が遺すもの」(p1)①自転車 ②14歳(中3)、被害死 ③2003年 ④南幌町 ⑤暴走運転
28号
2009.1
「交通死、遺された親の叫び」(p1)①歩行中 ②17歳(高2)、被害死 ③1995年 ④千歳市 ⑤前方不注視
27号
2008.8
「息子の受けた被害について」(p1)①歩行中 ②4歳、重傷 ③2007年 ④千歳市 ⑤漫然運転
26号
2008.4
「息子が教えてくれた駐車場の危険性」(p1)①自転車 ②7歳(小2)、被害死 ③1994年 ④札幌市 ⑤漫然運転
25号
2008.1
「伴侶との別れは 死の体験」(p1)①歩行中 ②68歳、被害死 ③1996年 ④札幌市 ⑤前方不注視(携帯使用)
24号
2007.8
「拓那へ 母からの手紙」(p1)①自転車 ②16歳(高1)、被害死 ③2003年 ④江別市 ⑤飲酒ひき逃げ
23号
2007.4
「父の最期の言葉は・・・」(p1)①自動車 ②64歳・63歳、ご夫婦被害死 ③1998年 ④旭川市 ⑤一時停止無視
23号
2007.4
「真利子の命を奪われて」(p7)①自転車 ②20歳、被害死 ③2003年 ④岩見沢市 ⑤危険速度
22号
2007.1
「ボーボー(坊や)と呼ばれていた息子」(p1)①歩行中 ②11歳(小6)、被害死 ③1990年 ④札幌市 ⑤信号無視
21号
2006.8
「9か月の赤ちゃんは人ではないのですか」(p1)①自動車 ②胎児、被害死 ③2003年 ④札幌市 ⑤車線はみ出し
20号
2006.4
「隆輔は意識も戻らないまま小さな体で闘っています」(p1)①歩行中 ②6歳(小1)遷延性意識障害 ③2003年 ④稚内市 ⑤前方不注視
20号
2006.4
「危険運転の加害者に命の重みに見合う厳罰を」(p11)①歩行中 ②被害死 ③2005年 ④札幌市 ⑤前方不注視左折車
19号
2006.1
「妻の死を無駄にしない」(p1)①自転車 ②36歳、被害死 ③1998年 ④千葉県 ⑤前方不注意の右折トラック
18号
2005.8
「武士は心の中に生きている」(p1)①自動車 ②22歳、被害死 ③2005年 ④江差町 ⑤前方不注意の右折車
17号
2005.4
「母、F.Y.66歳」(p1)①自動車 ②66歳、被害死 ③2000年
17号
2005.4
国土交通大臣への手紙「親は生きてる限り死んだ子の年を数える」(p7)①歩行中 ②7歳(小1)、被害死 ③1963年 ④小樽市 ⑤二輪の無謀運転
16号
2005.1
「追突 本当の痛みは1年半後に」(p1)①自動車 ②負傷 ③1997年 ④札幌市 ⑤前方不注視で追突
15号
2004.8
「息子は無謀運転の犠牲に」(p1)①バイク ②26歳、被害死 ③1999年 ④札幌市 ⑤居眠り運転
15号
2004.8
「早期真相解明と厳罰を」(p5)①自転車 ②14歳(中3)、被害死 ③2003年 ④札幌市 ⑤漫然運転の左折トラック
15号
2004.8
「何故拓磨は死ななくてはならなかったのか」(p6)①自転車 ②14歳(中3)、被害死 ③2003年 ④札幌市 ⑤前方不注意
14号
2004.4
「真理子よ」(p1)①自動車 ②34歳、被害死 ③2001年 ④苫小牧市 ⑤無謀追越し
13号
2004.1
「前方不注意の車により 車椅子生活に」(p1)①自転車 ②重傷 ③1991年 ④江別市 ⑤危険速度
13号
2004.1
「刑事裁判を終えて」(p9)①自転車 ②13歳(中2)、被害死 ③2002年 ④札幌市 ⑤漫然運転
12号
2003.8
「太陽が沈んだ日」(p1)①自動車 ③2002年 ④夕張市 ⑤前方不注視で追突
12号
2003.8
「お母ちゃん ありがとう」(p7)①自転車 ②59歳、被害死 ③2002年 ④札幌市 ⑤飲酒、居眠り
11号
2003.4
「菜摘へ」(p1)①自転車 ②10歳(小5) ③1999年 ④札幌市 ⑤漫然運転
10号
2003.1
「笑顔が素敵な理恵へ」(p9)①自転車 ②17歳(高2)、被害死 ③1998年 ④札幌市 ⑤安全確認違反
08号
2002.4
「あの日から」(p1)①歩行中 ②9歳(小4)、被害死 ③2001年 ④北広島市 ⑤わき見運転
05号
2001.4
「ヒロへ」(p1)① ②19歳、被害死
04号
2001.1
「僕はたった7歳で逝きたくなかった」(p1)①歩行中 ②7歳(小1)、被害死 ③1997年 ④釧路市 ⑤前方不注意
03号
2000.8
「父を返して」(p1)①歩行中 ②76歳、被害死 ③1999年 ④札幌市 ⑤一時停止無視
02号
2000.4
「地獄の日々 今も」(p1)①歩行中 ②重傷被害 ③1999年 ④幕別町
号数
年月
手記の標題事件概要
①態様②被害者③発生年④場所⑤加害行為
64号
2021.8
「10歳の娘は青信号でひかれ 義足になりました。歩車分離信号など車を凶器とさせない社会を切望します」(p1)①歩行中 ②10歳(小4)大怪我 ③2019年 ④函館市⑤ 前方不注視
63号
2021.2
「被害から17年、23歳の隆輔は今も意識がありません」(p1)①歩行中 ②6歳(小1)遷延性意識障害 ③2003年 ④稚内市 ⑤前方不注視
63号
2021.2
「息子の無念を想う 命を奪ってなぜ執行猶予なのか」(p3)①歩行中 ②29歳、被害死 ③2020年 ④七飯町 ⑤前方不注視
62号
2020.8
「飲酒運転で失われた命」(p1)①歩行中 ②40歳、被害死 ③2018年 ④札幌市 ⑤飲酒運転、発覚免脱罪
62号
2020.8
「車にはねられ複雑骨折の重傷を負いました。反省のない加害者に怒りで一杯です」(p3)①歩行中 ②重傷 ③2019年 ④札幌市 ⑤前方不注意
61号
2020.1
「二つの命」(p1)①歩行中 ②11歳(小6)双子、被害死 ③1994年 ④上磯町 ⑤暴走運転
60号
2019.8
「29年前10歳の娘は飲酒運転の車に殺されました。入会し飲酒運転根絶運動に参加させて頂きます」(p1)①歩行中 ②10歳(小5)被害死 ③1990年 ④小樽市 ⑤飲酒運転
59号
2019.4
「息子をひき逃げした加害者を赦さない」(p1)①歩行中 ②22歳、被害死 ③2017年 ④室蘭市 ⑤前方不注視、ひき逃げ
58号
2019.1
「夫は青信号で横断中、信号無視の“殺人車“に命を奪われました」(p1)①歩行中 ②65歳、被害死 ③2016年 ④札幌市 ⑤信号無視
57号
2018.8
「ひき逃げされ重度の後遺症を負った夫は 37年間苦しみました。交通犯罪の時効撤廃を願います」(p3)①歩行中 ②重度障害 ③1979年 ④真狩村 ⑤ひき逃げ
54号
2017.8
「飲酒ひき逃げに厳罰を!遺された親の願い」(p1)①歩行中 ②27歳、被害死 ③2016年 ④小樽市 ⑤飲酒ひき逃げ
53号
2017.4
「母の無念を思う 何故執行猶予という寛刑なのか」(p1)①歩行中 ②78歳、被害死 ③2015年 ④札幌市 ⑤前方不注意
52号
2017.1
「息子は青信号の横断中に 前方不注視の右折車に轢かれ、遷延性意識障害となり、7年を経た今も入院中です」(p1)①歩行中 ②30歳、遷延性意識障害 ③2009年 ④江別市 ⑤前方不注視
52号
2017.1
「兄と姉は、青信号横断中に轢かれ非業の死。無念でなりません」(p4)①歩行中 ②77歳、被害死 ③2003年 ④札幌市 ⑤前方不注視
50号
2016.4
「危険運転の加害者に突然全てを奪われた息子の無念」(p1)①歩行中 ②33歳、被害死 ③2014年 ④八雲町 ⑤飲酒、睡眠導入剤
49号
2016.1
「44年前に被害 今も痛みと悔しさの毎日」(p1)①歩行中 ②17歳(高2)、重傷・重大後遺症 ③1971年 ④美唄市 ⑤飲酒運転
49号
2016.1
「母の無念を想う」(p3)①歩行中 ②83歳、被害死 ③2014年 ④札幌市 ⑤前方不注意
48号
2015.8
「何の罪もない大事な娘が 何故 こんな目に」(p 1)①歩行中 ②29歳、被害死 ③2014年 ④小樽市銭函 ⑤飲酒運転
48号
2015.8
「裕子はかけがえのない天使だった」(p1)①歩行中 ②30歳、被害死 ③2014年 ④小樽市銭函 ⑤飲酒運転
48号
2015.8
「2度の手術、続くリハビリ、 心の傷いつ癒えるのか」(p3)①歩行中 ②29歳、重傷 ③2014年 ④小樽市銭函 ⑤飲酒運転
46号
2015.1
「生きていて欲しかった」(p1)①歩行中 ②29歳、被害死 ③2014年 ④小樽市銭函 ⑤飲酒運転
45号
2014.8
「ひき逃げの加害者を許さない。私の命はそんなに軽いの?と娘に言われます」(p1、2)①歩行中 ②23歳、被害死 ③2013年 ④札幌市 ⑤ひき逃げ
41号
2013.4
「父は横断歩道ではねられ、お星様になりました」(p5)①歩行中 ②70歳、被害死 ③2012年 ④苫小牧 ⑤漫然走行
39号
2012.8
「妻を奪った加害者へ」(p1)①歩行中 ②59歳、被害死 ③2010年 ④北広島市 ⑤漫然運転
35号
2011.4
「姉を亡くして~加害の側は、忘れたい? 遺族の悲しみは、年々増すばかり・・・」(p1)①歩行中 ②46歳、被害死 ③2007年 ④森町 ⑤操作不適
31号
2010.1
「たっちゃんへ」(p1、2)①歩行中 ②17歳、被害死 ③2005年 ④札幌市 ⑤前方不注視
28号
2009.1
「交通死、遺された親の叫び」(p1)①歩行中 ②17歳(高2)、被害死 ③1995年 ④千歳市 ⑤前方不注視
27号
2008.8
「息子の受けた被害について」(p1)①歩行中 ②4歳、重傷 ③2007年 ④千歳市 ⑤漫然運転
25号
2008.1
「伴侶との別れは 死の体験」(p1)①歩行中 ②68歳、被害死 ③1996年 ④札幌市 ⑤前方不注視(携帯使用)
22号
2007.1
「ボーボー(坊や)と呼ばれていた息子」(p1)①歩行中 ②11歳(小6)、被害死 ③1990年 ④札幌市 ⑤信号無視
20号
2006.4
「隆輔は意識も戻らないまま小さな体で闘っています」(p1)①歩行中 ②6歳(小1)遷延性意識障害 ③2003年 ④稚内市 ⑤前方不注視
20号
2006.4
「危険運転の加害者に命の重みに見合う厳罰を」(p11)①歩行中 ②被害死 ③2005年 ④札幌市 ⑤前方不注視左折車
17号
2005.4
国土交通大臣への手紙「親は生きてる限り死んだ子の年を数える」(p7)①歩行中 ②7歳(小1)、被害死 ③1963年 ④小樽市 ⑤二輪の無謀運転
08号
2002.4
「あの日から」(p1)①歩行中 ②9歳(小4)、被害死 ③2001年 ④北広島市 ⑤わき見運転
04号
2001.1
「僕はたった7歳で逝きたくなかった」(p1)①歩行中 ②7歳(小1)、被害死 ③1997年 ④釧路市 ⑤前方不注意
03号
2000.8
「父を返して」(p1)①歩行中 ②76歳、被害死 ③1999年 ④札幌市 ⑤一時停止無視
02号
2000.4
「地獄の日々 今も」(p1)①歩行中 ②重傷被害 ③1999年 ④幕別町
号数
年月
手記の標題事件概要
①態様②被害者③発生年④場所⑤加害行為
59号
2019.4
「重傷被害から6年 遷延性意識障害の息子のこと」(p3)①自転車 ②11歳(小5)遷延性意識障害 ③2012年 ④札幌市 ⑤前方不注視
55号
2018.1
「母は自転車で走行中、前方不注視の車に衝突されて遷延性意識障害となり、今も入院中です」(p1)①自転車 ②65歳、遷延性意識障害 ③2015年 ④江別市 ⑤前方不注視
52号
2017.1
「14年前、小学6年の娘は、青信号で横断中、右折トラックに轢かれ、全てを奪われました」(p3)①自転車 ②12歳(小6)、被害死 ③2002年 ④札幌市 ⑤前方不注意
44号
2014.4
「“こども”だからわかること」(p1)①自転車 ②14歳(中3)、被害死 ③2003年 ④南幌町 ⑤暴走運転
43号
2014.1
「小学5年の息子は 交差点で車にはねられ、1年以上経った今も意識が戻りません」(p1)①自転車 ②11歳(小5)遷延性意識障害 ③2012年 ④札幌市 ⑤過失運転
38号
2012.4
「息子が生きていれば~被害者参加制度で裁判員裁判と損害賠償命令制度を闘う~」(p1)①自転車 ②23歳、被害死 ③2010年 ④札幌市 ⑤危険運転(信号無視)
37号
2012.1
「交通事故被害者の苦境」(p1)①自転車 ②重大後遺症 ③1991年 ④江別市 ⑤前方不注視
29号
2009.4
「美紗の命が遺すもの」(p1)①自転車 ②14歳(中3)、被害死 ③2003年 ④南幌町 ⑤暴走運転
26号
2008.4
「息子が教えてくれた駐車場の危険性」(p1)①自転車 ②7歳(小2)、被害死 ③1994年 ④札幌市 ⑤漫然運転
24号
2007.8
「拓那へ 母からの手紙」(p1)①自転車 ②16歳(高1)、被害死 ③2003年 ④江別市 ⑤飲酒ひき逃げ
23号
2007.4
「父の最期の言葉は・・・」(p1)①自動車 ②64歳・63歳、ご夫婦被害死 ③1998年 ④旭川市 ⑤一時停止無視
23号
2007.4
「真利子の命を奪われて」(p7)①自転車 ②20歳、被害死 ③2003年 ④岩見沢市 ⑤危険速度
19号
2006.1
「妻の死を無駄にしない」(p1)①自転車 ②36歳、被害死 ③1998年 ④千葉県 ⑤前方不注意の右折トラック
15号
2004.8
「早期真相解明と厳罰を」(p5)①自転車 ②14歳(中3)、被害死 ③2003年 ④札幌市 ⑤漫然運転の左折トラック
15号
2004.8
「何故拓磨は死ななくてはならなかったのか」(p6)①自転車 ②14歳(中3)、被害死 ③2003年 ④札幌市 ⑤前方不注意
13号
2004.1
「前方不注意の車により 車椅子生活に」(p1)①自転車 ②重傷 ③1991年 ④江別市 ⑤危険速度
13号
2004.1
「刑事裁判を終えて」(p9)①自転車 ②13歳(中2)、被害死 ③2002年 ④札幌市 ⑤漫然運転
12号
2003.8
「お母ちゃん ありがとう」(p7)①自転車 ②59歳、被害死 ③2002年 ④札幌市 ⑤飲酒、居眠り
11号
2003.4
「菜摘へ」(p1)①自転車 ②10歳(小5) ③1999年 ④札幌市 ⑤漫然運転
10号
2003.1
「笑顔が素敵な理恵へ」(p9)①自転車 ②17歳(高2)、被害死 ③1998年 ④札幌市 ⑤安全確認違反
号数
年月
手記の標題事件概要
①態様②被害者③発生年④場所⑤加害行為
63号
2021.2
「夫は無謀運転の加害者の犠牲になりました。真相究明と厳正な処罰を求めます」(p2)①バイク ②50歳、被害死 ③2020年 ④新十津川町 ⑤無謀追越し
51号
2016.8
「事故~生還~リハビリ~在宅」(p1)①バイク ②44歳、遷延性意識障害 ③2011年 ④札幌市 ⑤前方不注意
42号
2013.8
「亡き息子の名誉のために、真実の裁きを求め、闘います」(p1、2)①バイク ②21歳、被害死 ③2009年 ④札幌市 ⑤前方不注意の右折バス
40号
2013.1
「父と兄を奪われました。こんな悲しみ、苦しみは私たちで終わりにして下さい」(p1)①バイク ②55歳・27歳、被害死 ③2010年 ④浜中町 ⑤無謀追越し
33号
2010.8
「社会貢献できなかった息子 残念でならない」(p1)①バイク ②19歳、被害死 ③1995年 ④深川市 ⑤前方不注視
15号
2004.8
「息子は無謀運転の犠牲に」(p1)①バイク ②26歳、被害死 ③1999年 ④札幌市 ⑤居眠り運転
号数
年月
手記の標題事件概要
①態様②被害者③発生年④場所⑤加害行為
64号
2021.8
「達也! ママはもう泣かない あなたの死を無駄にしない」(p2)①自動車 ②0歳 ③1993年 ④函館市
62号
2020.8
「弟は一時停止無視の危険運転によって命を奪われました。生きていて欲しかったです」(p2)①自動車 ②40歳、被害死 ③2017年 ④帯広市 ⑤一時停止無視
60号
2019.8
「30年前、120キロの対向車に衝突され、同乗の妹を亡くし、私の人生も変えられました」(p2)①自動車 ②7歳(小2)被害死 ③1989年 ④札幌市 ⑤危険速度の追越し
57号
2018.8
「罪の自覚無く 言い逃れに終始する加害者を許さない 飲酒暴走の危険運転に厳罰を」(p1)①自動車 ②38歳、被害死 ③2016年 ④旭川市 ⑤飲酒・暴走運転
47号
2015.4
「加害者は、命の重さを見つめてほしい」(p1)①自動車 ②66歳、被害死 ③2013年 ④石狩市 ⑤無謀追越し
41号
2013.4
「刑事裁判を終えて・・・母の人生を奪った加害者が憎い 」(p1)①自動車 ②53歳、被害死 ③2012年 ④旭川市 ⑤危険速度
36号
2011.8
「事故から13年、今も後遺症に苦しんでいます」(p1)①自動車 ②重大後遺症 ③1998年 ④小樽市 ⑤追突
34号
2011.1
「おとうさんへ」(p1)①自動車 ②56歳、被害死 ③2002年 ④遠軽町 ⑤酒気帯び、危険速度
32号
2010.4
「お姉ちゃんへ」(p1)①自動車 ②34歳、被害死 ③2001年 ④苫小牧市 ⑤無謀追越し
30号
2009.8
「博之への想い」(p1)①自動車 ②19歳、被害死 ③2003年 ④深川市 ⑤危険速度
21号
2006.8
「9か月の赤ちゃんは人ではないのですか」(p1)①自動車 ②胎児、被害死 ③2003年 ④札幌市 ⑤車線はみ出し
18号
2005.8
「武士は心の中に生きている」(p1)①自動車 ②22歳、被害死 ③2005年 ④江差町 ⑤前方不注意の右折車
17号
2005.4
「母、F.Y.66歳」(p1)①自動車 ②66歳、被害死 ③2000年
16号
2005.1
「追突 本当の痛みは1年半後に」(p1)①自動車 ②負傷 ③1997年 ④札幌市 ⑤前方不注視で追突
14号
2004.4
「真理子よ」(p1)①自動車 ②34歳、被害死 ③2001年 ④苫小牧市 ⑤無謀追越し
12号
2003.8
「太陽が沈んだ日」(p1)①自動車 ③2002年 ④夕張市 ⑤前方不注視で追突
号数
年月
特集・講演
講話・報告・コラム
講演者
61号
2020.1
講演「交通犯罪における被害者の尊厳を考える~基本法制定から15年の課題~」 (p5~9)諸澤 英道
(常磐大学元学長)
58号
2019.1
講演「高齢者を加害者にしないために~認知症の初期症状を知り 運転を早めに辞めよう」(p 5~7)伊古田俊夫
(医師)
55号
2018.1
講演「現行の安全運転教育・管理の問題点と安全運転法の科学的な考え方・実行法」(p4〜9)松永勝也
(九州大学名誉教授)
52号
2017.1
講演「歩車分離信号の経緯と課題」(p 5~8)長谷智喜
(被害遺族)
49号
2016.1
講演「飲酒運転根絶と交通死傷ゼロへの課題」(p5~9)小佐井 良太
(愛媛大教授)
46号
2015.1
講演「ゼロへの課題と被害者の人権~道交通事故被害者の会の意義~」 (p5~12)島田尚武
(元道警本部長)
43号
2014.1
講演「ワールドディの今日的意義~追悼から行動へ~」 (p6~11)小栗 幸夫
(千葉商大教授)
37号
2012.1
講演「歩行者と自転車の道の革命~車道至上主義から道路交通文化の時代へ~」(上) (p5~11)津田 美知子
(公共空間アナリスト)
34号
2011.1
講演「クルマ社会と子どもたち」(上) (p7~11)今井 博之
(小児科医・被害遺族)
31号
2010.1
講演「まちと生命(いのち)を守る『脱・スピード社会』を~北海道から世界へ、悲しみを希望に~」 (p6~11)小栗 幸夫
(千葉商大教授)
25号
2008.1
講演「被害者の尊厳と権利を護るために~基本法制定後の支援のあり方を考える~」(上) (p4~7)諸澤 英道
(常磐大学教授)
16号
2005.1
特集「高齢者を被害者にも加害者にもさせないために」 (p2~8)
13号
2004.1
特集「歩行者と自転車の安全を考える」(p 3~7)
10号
2003.1
特集「裁かれるのか、交通犯罪」 (p1~7)
07号
2002.1
特集「事業用自動車の事故ゼロのために」 (p1~8)
05号
2001.4

 
 

会報バックナンバー